e地産地消

竹崎カニ

竹崎カニ

名称 竹崎カニ
都道府県名 佐賀県
区分 魚介類
分類 ワタリガニ科ガザミ属
学名 Portunus trituberculatus
外国語名 swimming crabs
生産地 太良町竹崎地区
収獲地域情報 竹崎カニは干満の差が大きく、干潟が発生する有明海の泥質の傾斜地に生息する。干潟には直接太陽光が注ぎ、餌となるプランクトンが豊富に生息する。
別名 ワタリガニ、ガザミ
歴史背景 竹崎カニは、網や籠を仕掛けて獲られてきたが、1989年には大浦漁業協同組合に栽培漁業センターが作られ、計画的な稚ガニの放流も行われるようになった。
時期 通年
特徴 甲羅は横長の菱形で、大きいものは甲羅の幅が30cmにもなる。捕獲するとすぐハサミの先を切り、甲羅に傷をつけずに長く保存できるようにするため、おいしい。ほんのりした甘味で、濃厚な味わいがある。
料理名 塩ゆで、焼きガニ、味噌汁、鍋物、雑炊、コロッケなど
栄養 銅、亜鉛が多い。カルシウム、マグネシウム、リン、ビタミンB2などを含む。身の赤い部分にはアスタキサンチンを含む。
問い合わせ先 佐賀県農林水産商工本部流通課 TEL:0952-25-7116

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。