e地産地消

佐賀海苔

佐賀海苔

名称 佐賀海苔
都道府県名 佐賀県
区分 藻類
分類 ウシケノリ科アマノリ属
学名 Porphyra spp.
外国語名 laver; seaweed
生産地 川副町など有明海沿岸部
収穫地域情報 世界有数の干満差を誇る有明海には、多くの河川からミネラル豊富な栄養塩が流れ込むため、独特の旨みのある海苔を養殖できる。また干満差により、海水の栄養分と太陽光をたっぷり吸収できる。生産量は日本一を誇る。品質もトップクラス。
歴史背景 佐賀海苔の養殖が本格的に始まったのは、1953年頃。1968年に漁家、漁連、県、大学研究者が協力し、当時としては全国でもユニークな「集団管理方式」を採用した。1974年度からは量から質へ転換する「うまい佐賀海苔つくり運動」を展開するなどして、良質な海苔としての評判を築いてきた。
時期 通年
特徴 艶のある黒色をしていて、火に炙るとさっと緑色に変わる。香りがよく、口どけがよい。
料理名 のり巻き、おにぎり、もち、サラダ、佃煮など
加工品 佃煮など
保存方法 海苔は湿気を嫌うため、開封後は密閉できるチャック付きポリ袋か缶に入れて保存し、なるべく早く食べきる。
栄養 タンパク質、β−カロテン、ビタミンE、K、B1、B2、B12、C、ナイアシン、葉酸、カルシウム、鉄を比較的多く含む。ただし、乾物であるため実際の摂取量は少なくなる。
問い合わせ先 佐賀県農林水産商工本部流通課 TEL:0952-25-7116

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。