e地産地消

カマス

カマス

名称 カマス
都道府県名 佐賀県
区分 魚介類
分類 カマス科カマス属
学名 Sphyraena pinguis
外国語名 barracuda
生産地 唐津市など
収獲地域情報 唐津市を含む佐賀県北東部は、リアス式海岸で、漁場は対馬暖流の影響下にある壱岐水道、唐津湾や伊万里湾等の内湾漁場があり、カマスなど多様な水産物が捕れる。
由来 ワラで作り、農作物を入れる袋の叺(かます)に似ているという説と、体つきが機織りに使う織梭(しょくさ)または杼(ひ)に似ていることからという2つの説がある。
時期 アカカマスは秋から冬、アオカマスは夏が旬
特徴 体が細長く、円筒状で、その頭部は長く、口が大きく裂けている白身魚。アオカマスはさっぱりした味わい、秋に捕れるものは脂がのって上品な味わいになる。
料理名 塩焼き、刺身、一夜干しの塩焼き、唐揚げ、ムニエル、フライマリネ、幽庵焼きなど
加工品 干物
栄養 タンパク質、ビタミンDが豊富。
問い合わせ先 佐賀県農林水産商工本部流通課 TEL:0952-25-7116

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。