e地産地消

スチューベン

スチューベン

名称 スチューベン
都道府県名 青森県
区分 果実類
分類 ブドウ科ブドウ属
学名 Vitis spp.
外国語名 Grapes
生産地 鶴田町
収穫地域情報 津軽地方は、スチューベンが生まれた、アメリカ・ニューヨーク州と同緯度にあり、気候風土が合うため、作付け面積・生産量ともに日本一を誇る。
歴史背景 「ウェイン種」と「シェリダン種」の交配で、1947年にアメリカ合衆国、ニューヨーク農業試験場で生まれた。糖度が、当時主力品種だった「キャンベル」種よりも4度高く、18度以上。普通冷蔵で2ヵ月という貯蔵生の高さで人気品種に。
伝来 1952年にアメリカより伝えられた。
時期 10月初旬〜中旬が収穫の最盛期。2月一杯流通。
特徴 暗紫赤から紫黒色。糖度が20度以上あり、酸味が少なくハチミツのような濃厚な甘味。皮と果肉の間が特に甘い。種なし、ではなく、種入り。
加工品 ジュース、ワイン、ゼリー、シャーベット、栄養補助食品など。
選び方 軸がしっかりしていて、果実の色が濃く、張りがあり、皮の表面にブルーム(白っぽい粉)がついているものがジューシー。
保存方法 果実が乾燥しないよう紙やラップ、袋などで包み野菜室で。
栄養 アントシアンやポリフェノールが多く含まれる。
問い合わせ先 青森県農林水産部総合販売戦略課 TEL:017-722-1111

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。