e地産地消

飛騨トマト

飛騨トマト

名称 飛騨トマト
都道府県名 岐阜県
区分 野菜類
分類 ナス科トマト属
学名 Lycopersicon esculentum
外国語名 tomato
生産地 下呂市、飛騨市など
収穫地域情報 飛騨地方は岐阜県北部に位置し、標高3000m級の飛騨山地などがある山岳地帯で、冷涼で昼夜の寒暖差の大きい気候がトマト栽培に適する。
歴史背景 飛騨地方で本格的にトマト栽培が始まったのは、戦後まもない時期。1970年代に全国に先駆けて、雨除けハウスを導入。1980年代から1990年代半ばにかけて栽培面積が広がった。
時期 7月〜11月
特徴 品種は主に桃太郎。熟しても実が固く、酸味と甘味のバランスがよい。
料理名 サラダ、トマトシチュー、カレー、ミネストローネ、炒めものなど
選び方 丸く重みのあるものを選ぶ。ヘタが青いものが鮮度が良い。
栄養 β-カロテン、ビタミンC、リコピン、クエン酸が豊富。
問い合わせ先 岐阜県農政部農産物流通課 TEL:058-272-8417, 8418
http://www.pref.gifu.lg.jp/soshiki/nosei/nosan-butsuryu/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。