e地産地消

ふきのとう

ふきのとう

名称 ふきのとう
都道府県名 群馬県
区分 野菜類
分類 キク科フキ属
学名 Petasites japonicus
外国語名 Fuki、Giant Butterbur
生産地 昭和村、沼田市、東吾妻町、高崎市、中之条町
歴史背景 山野に自生していたふきは、古くから日本人に馴染みがあった。平安時代の「延喜式」にも記述がある。栽培されるようになったのは、商品経済が発達した江戸時代からと言われる。
時期 12月〜3月
特徴 ふきの花茎のふきのとうは、深い香りと柔らかさが特徴。
料理名 天ぷら、お浸しものなど
選び方 葉が開いていないほうが味がよいとされる。黒ずみや変色がなく、みずみずしいものを選ぶ。
栄養 カリウム、カルシウム、食物繊維が豊富。
問い合わせ先 ぐんまあぐりネット
http://www.aic.pref.gunma.jp

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。