e地産地消

大栄すいか

大栄すいか

名称 大栄すいか
都道府県名 鳥取県
区分 果実類
分類 ウリ科スイカ属
学名 Citrullus lanatu
外国語名 watermelon
生産地 北栄町、倉吉市、琴浦町、伯耆町 湯梨浜町など
収穫地域情報 鳥取県中央の日本海に面した主産地の北栄町。大山山麓の有機質を多く含んだ保水力と保肥力に優れた黒ボク土で、大栄すいかは育てられる。
歴史背景 1907年から、大栄町(現在の北栄町)で、このすいかの栽培が始まった。1962年に基幹作物のすいか栽培の規模拡大を図るため、生産団地を造成。2008年に大栄すいかの名が商標登録されている。
時期 6月上旬〜7月中旬
特徴 糖度12度以上と甘く、シャリシャリした食感の大玉すいか。
栄養 カロテン、リコピン、カリウムが豊富。シトルリンを含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。