e地産地消

ばばちゃん

ばばちゃん

名称 ばばちゃん
都道府県名 鳥取県
区分 魚介類
分類 ゲンゲ科マユガジ属
学名 Lycodes tanakae
生産地 境漁港、鳥取港、網代漁港
別名 タナカゲンゲ、ナマズ、朝鮮ナマズ、キツネタラ、ばばあ
由来 正面から見た顔がしわくちゃで、お婆さんの顔に似ていることから漁師仲間の間で「ばばあ」と呼ばれていたが、それではイメージが悪いと「ばばちゃん」と呼ばれるようになった。
歴史背景 昔は“下の下の魚”とされ、漁師が船上飯として食べるぐらいだったが、1996年に岩美町長となった故吉田達男氏が「付加価値を高め、岩美町から全国に発信しよう」と発案。テレビ番組で紹介されたほか、浦富観光協会女性部が調理法やレシピを紹介、徐々に認知度を上げ、特産品の一つとして定着した。
時期 9月〜5月
特徴 飛び出した頬骨、ぎょろっとした眼球、口内に並ぶギザギザの歯。風貌は悪い深海魚だが、味は上品で淡白。
料理名 鍋、刺身、天ぷら、煮付けなど
栄養 コラーゲンが豊富。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。