e地産地消

スカイベリー

スカイベリー

名称 スカイベリー
都道府県名 栃木県
区分 果実類
分類 バラ科オランダイチゴ属
学名 Fragaria × ananassa
外国語名 Strawberry
生産地 栃木市、大田原市、佐野市
由来 「大きさ、美しさ、おいしさ」の全てが大空に届くような素晴らしいイチゴという意味が込められている。栃木県の「皇海山」(すかいさん)にもちなむ。
歴史背景 スカイベリーは、福岡県で開発され存在感を増す、甘く粒が大きい品種「あまおう」に対抗する品種を、と栃木県農業試験場いちご研究所で開発された。2006年に交配を始め、2011年に品種登録出願、2014年に登録された。
時期 12月〜4月下旬
特徴 粒が極めて大きく、25g以上のものの割合が約2/3を占める。きれいな円すい形で、色鮮やかで光沢がある。甘味と酸味のバランスが良くまろやかな味。独特の芳香がある。
栄養 ビタミンCが豊富で、ペクチンや葉酸も含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。