e地産地消

那須の白美人ねぎ

那須の白美人ねぎ

名称 那須の白美人ねぎ
都道府県名 栃木県
区分 野菜類
分類 ユリ科ネギ属
学名 Allium fistulosum L.
外国語名 Welsh onion(英)、ciboule(仏)
生産地 大田原市、那須町、那須塩原市
収穫地域情報 那須地域は栃木県最北部に位置し、北西東は山岳地域、中央以南には那須野ヶ原扇状地が開ける。
栽培情報 従来の白ネギと異なり、ビニールハウスの中で遮光資材を利用し、軟白部分が特に長くなるよう栽培される。
歴史背景 栃木県では江戸時代からねぎの名産地として知られる。「那須の白美人ねぎ」は、1993年に大田原市農協が名づけた統一ブランドで、1996年に那須地区で合併してJAなすのが誕生すると同時にねぎ部会が発足。ブランド野菜として育ててきた。2003年度には日本農業賞大賞を受賞している。
時期 通年
特徴 ネギ特有の臭みがなく、食感も柔らかいため、生で食べてもおいしい。
料理名 サラダ、ラーメン、味噌汁、鍋物、焼き鳥など
選び方 軟白部分がよく締まっていて、弾力のあるものがよい。
栄養 食物繊維が多い。ビタミンB1、B2、Cを含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。