e地産地消

高原ほうれんそう

高原ほうれんそう

名称 高原ほうれんそう
都道府県名 栃木県
区分 野菜類
分類 アサガ科ホウレンソウ属
学名 Spinacia oleracea L. 
外国語名 spinach
生産地 那須塩原市、那須町、日光市
収穫地域情報 栃木県北部に位置する産地は、標高1,000〜1,200mの高原地帯で、冷涼な気候を好むほうれん草の栽培に適している。
時期 5月上旬〜11月中旬
特徴 緑色が濃く葉肉が厚く、しっかりとした茎を持つ。シャキシャキとした歯触りで、甘い。
料理名 お浸し、炒めもの、白和え、胡麻和え
選び方 茎がしっかりしていて、根に近いところから葉が密生してボリューム感があるもの、葉先がピンとしていて、鮮やかな緑色のものを選ぶ。
栄養 β−カロテン、食物繊維、鉄、葉酸、マンガンを含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。