e地産地消

三宝柑

三宝柑

名称 三宝柑
都道府県名 和歌山県
区分 果実類
分類 ミカン科ミカン属
学名 Citrus X tangero J.W. Ingram & H.E. Moore
外国語名 tungelo
生産地 田辺市、湯浅町
収穫地域情報 海に面した斜面で、みかん類は栽培されている。
別名 だるま柑
由来 江戸時代に、貴重さから三方に載せて紀州徳川家に献上していたことから「サンポウカン」と呼ばれるようになった。
歴史背景 江戸時代の文政年間(1818〜1829年)に紀州徳川家の城内で発見され、門外不出とされた。明治になって吉備町の大江城平氏などによって一般に広まり、盛んに栽培されるようになった。
時期 1月中旬〜5月
特徴 枝付きの部分が、デコポンと同じように膨らんでいる。皮は剥きやすいが厚い。爽やかな酸味を持ち、甘味とのバランスがよい。
加工品 ジャム、ゼリー
栄養 ビタミンC、カリウムが豊富。
問い合わせ先 マルス栖原三宝柑出荷組合
TEL:0737-63-4811

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。