e地産地消

仙台芭蕉菜

仙台芭蕉菜

名称 仙台芭蕉菜
都道府県名 宮城県
区分 野菜類
分類 アブラナ科
生産地 北部地域
由来 葉が大きく、芭蕉と似ていることから。
歴史背景 江戸時代に、江戸の三河島で栽培されていた三河島菜を、参勤交代で来ていた伊達藩士が仙台に持ち帰ったものが仙台芭蕉菜になったのではないか、と言われている。大正時代頃から、白菜が普及するとともに栽培されなくなっていったが、近年、伝統野菜として注目されている。
時期 10月〜11月
特徴 葉はやや淡く、縮みは少ない。東北から北関東にかけて栽培される芭蕉菜と比べ、辛みが少ない。
料理名 漬けもの、炒めもの、お浸し、鍋物など
栄養 β-カロテン、ビタミンC、カリウム、カルシウム、鉄、食物繊維などを含む。
問い合わせ先 宮城県農林水産部食産業振興課
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/syokushin/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。