e地産地消

伊達いわな

伊達いわな

名称 伊達いわな
都道府県名 宮城県
区分 魚介類
分類 サケ科イワナ属
学名 Salvelinus leucomaenis
外国語名 Japanese char
生産地 栗原市
収獲地域情報 宮城県北部にある栗駒山の中腹、栗原市耕英地区で、養殖されている。
歴史背景 イワナは稚魚の餌付けが難しいため、他の魚と比べて養殖されたのが遅く、1971年のことだった。その最初に養殖された場所が、栗駒山の中腹にある栗原市耕英地区だった。大和町の水面水産試験場で開発した大型の伊達いわなは、2014年から販売されている。
特徴 通常のイワナの2倍もの大きさを持つ。
料理名 寿司、塩焼き、南蛮漬け、刺身、なますなど
栄養 カルシウム、鉄、リンなどの無機質を含む。また、ビタミンB12、Dがやや多い。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。