e地産地消

城下かれい

城下かれい

名称 城下かれい
都道府県名 大分県
区分 魚介類
分類 カレイ科ツノガレイ属
学名 Pleuronectes yokohamae
外国語名 Marbled sole, Flounder
生産地 日出町
収獲地域情報 日出町は、いたるところで良質の湧水が出る。眼前の別府湾の海中にも清水が湧くところがあり、プランクトンが豊富に発生する。その海底に育つかれいを、城下かれいと呼ぶ。
別名 マコガレイ
由来 暘谷城(日出城)の前の海で獲れることから、城下かれいと呼ばれるようになった。
歴史背景 かつては一般の人が食べることを許されなかった城下かれい。参勤交代の際には将軍家へ干物を献上し、4年に1度の閏年には、端午の節句に間に合うよう、生きたカレイを江戸へ運んだと言われている。
時期 4月〜9月
特徴 頭部が比較的小さく、尾びれが角張っておらず丸々した形をしている。清水が出る海底に生息するため、泥臭さがない。
料理名 刺身、洗い、唐揚げ、煮付け
栄養 脂質が少なくタンパク質が多い。ビタミンB2、B12、ビタミンDも豊富。
問い合わせ先 大分県漁業協同組合 
TEL:097-534-1522

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。