e地産地消

ユコウ

ユコウ

名称 ユコウ
都道府県名 徳島県
区分 果実類
分類 ミカン科ミカン属
学名 Citrus yuko hort.ex Tanaka
生産地 上勝町など
収穫地域情報 上勝町は徳島県の中央やや南東寄りに位置し、徳島市から約40kmのところにある。四国山脈の南東に位置して山地が多い。料理の彩りに使う葉っぱビジネスの「彩」事業の成功でも知られる。
歴史背景 貝原益軒の『大和本草』(1708年)に記述があり、古くから徳島県周辺で栽培されてきた。徳島県は1981年、マイナス13度の大寒波に襲われ、ほとんどのみかんが枯死し、ユコウなどの香酸柑橘も多くが枯死寸前した。そのため、かつては145haあったユコウの栽培面積も2005年には約65haに減少。加工需要も少ないことから、今後もさらに減少すると思われる。
時期 10月〜11月
特徴 自然交配でできたユズ近縁種と推定される香酸果実。果実は扁球形で果頂部がくぼみ、果実中央から果頂部にかけて大きなしわが多数ある。ユズより香りが控えめで、スダチより酸味が少ない。
料理名 鍋物や刺身、焼き魚の薬味として、ドレッシングにするなど。
加工品 ユコウ酢、ポン酢
栄養 ビタミンCが豊富。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。