e地産地消

いわて春みどり

いわて春みどり

名称 いわて春みどり
都道府県名 岩手県
区分 野菜類
分類 アブラナ科アブラナ属
学名 Brassica oleracea var. capitata
外国語名 cabbage
生産地 岩手町
収穫地域情報 標高200〜700mの立地で寒暖差を利用し、寒い時期は標高の低い所、温かい時期は高い所で栽培。
由来 春品種で、緑の瑞々しさ、葉の柔らかさを優しい言葉で表現。
歴史背景 岩手町は戦前からキャベツ栽培が盛んで、「南部甘藍」と和名で呼ばれ、国内のみならず台湾や中国にまで出荷するほど人気だったが、輸送の問題や、「ゴマ病」の異常発生など壊滅的な打撃を受け衰退。1984年(昭和59年)に「キャベツ王国復興」を目指すべく有志が立ち上がり、それまでの寒玉系ではなく、夏場に需要の多い柔らかく甘い春系品種を導入。オリジナルブランド、「いわて春みどり」を完成させ、市場でも評判の高い人気商品として全国に知られるようになった。現在は若手農家も含め、120名を超える生産者が生産拡大に取り組み、岩手農業界のサクセスストーリーになっている。
時期 6〜10月末
特徴 春系の品種なので、葉の柔らかさ、甘さ、瑞々しさが特徴。
料理名 サラダ、浅漬け、あえもの、炒めものなど。
調理法 柔らかいので、サラダや浅漬けに最適。火を入れる場合は、通常より時間は少なめで。
加工品 「春みどりソフトクリーム」
選び方 春キャベツは、冬キャベツと違い、芯の切り口が小さく巻きのゆるいものを選ぶ。葉は鮮やかな緑色でハリ、ツヤがありみずみずしいもの。外葉が変色しているもの、芯に割れ目がはいっているものは鮮度が落ちているので避ける。
保存方法 芯を切り抜き、濡らしたペーパータオルなどを詰めてラップかポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で。
栄養 ビタミンC、ビタミンU、カリウム、カルシウム、食物繊維が豊富。
問い合わせ先 岩手県農林水産部流通課
TEL:019-629-5732

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。