e地産地消

イサダ

イサダ

名称 イサダ
都道府県名 岩手県
区分 魚介類
分類 オキアミ科オキアミ属
学名 Euphausia pacifica
生産地 三陸沖(大船渡市、宮古市、釜石市)
収獲地域情報 2月下旬に解禁。春を告げる漁として風物詩に。岩手県は水揚げ量日本一。大船渡は県内最大の水揚げ高。主に、釣りの巻き餌や養殖魚の餌に。足が早く、食用として長く有効利用が進まなかったが、近年、その栄養価にも注目が集まり、干しあみや粉末にするなど加工業者、加工商品が増えている。
別名 ツノナシオキアミ
時期 2月下旬〜4月下旬
特徴 オキアミの一種で、1〜1.5cmほど。小エビに似た風味。鮮度を保ったまま素干し乾燥したものは、美しいピンク色に。
料理名 釜揚げ、かき揚げなど。
加工品 釜揚げ、干しおきあみ、煎餅など。
選び方 足が早いので、生は漁期にほぼ現地のみでしか流通しない。
保存方法 すぐに茹で、冷蔵庫で保存。あるいは冷凍保存を。
栄養 アスタキサンチンほかカルシウムも豊富に含む。2014年岩手大学と岩手県生物工学研究センターは、イサダが持つ肥満抑制効果の仕組みを解明し、その成分として8-ヒドロエイコサペンタエン酸を特定した。
問い合わせ先 岩手県農林水産部流通課
TEL:019-629-5732

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。