e地産地消

沢野ごぼう

沢野ごぼう

名称 沢野ごぼう
都道府県名 石川県
区分 野菜類
分類 キク科ゴボウ属
学名 Arctium lappa
外国語名 edible burdock
生産地 七尾市崎山半島の沢野地区周辺
収穫地域情報 能登伝統野菜の一つ。沢野町がある崎山半島一帯は、太古の海底が隆起した土地。その特徴のある粘土質ゆえに、たくましく、太く成長(一般的なゴボウは、作業効率のよい砂地栽培が多い)。太さと馥郁とした香りは、この土壌でしかできないといわれている。
由来 名称は土地の名前に由来。
歴史背景 約350年前、沢野婆谷神社の神主が、京都から種を取り寄せ植えたのがはじまりといわれている。他に比類がないほど香りと珍重され、加賀藩の献上品として将軍家や京都の大谷法王に献上されていた。能登伝統野菜の商標登録は平成23年。
時期 10〜11月
特徴 通常のゴボウよりも太く、長く、直径3cmほど。スジがなく、ふっくらと柔らかく、サクサクの歯触り。香り高く味も良い。
下処理 表面をタワシでしっかり洗う(皮に香り成分や栄養素が含まれているので、むかない)。切ったらすぐに水か酢水に放しアク抜きをする(変色も防ぐ)。
料理名 きんぴら、酢ごぼう、かきあげ、スープ、サラダなど。7日炊き(7日7晩炊き上げる)、叩きごぼう(蒸し焼きにしたものを叩く)は能登の伝統料理。
加工品 ごぼう茶、クッキーなど菓子類。
選び方 泥付きの方が日持ちするので、できれば泥付きを。張りがあり、ひげ根は少なく、先の方まである程度太さがあるもの。
保存方法 泥付きのまま、新聞紙などに包んでポリ袋などに入れ、冷蔵庫か冷暗所で。風味が飛ぶので、2週間程度で食べきる。
栄養 食物繊維、ポリフェノールが豊富。
問い合わせ先 石川県農林水産部生産流通課
TEL:076-225-1621

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。