e地産地消

源助だいこん

源助だいこん

名称 源助だいこん
都道府県名 石川県
区分 野菜類
分類 アブラナ科ダイコン属
学名 Raphanus sativus
外国語名 radish
生産地 金沢市安原地区
由来 名称は、育成者名に由来。
歴史背景 愛知県の篤農家・井上源助が育成した早生種を、金沢の松本佐一郎が1932年(昭和7年)に導入。練馬系打木ダイコンとの自然交雑で品種改良を重ね、1942年(昭和17年)に現在の源助だいこんに育て上げた。昭和26年からスイカ・カボチャの裏作として栽培が始められた。
時期 10月下旬〜2月上旬
特徴 柔らかいが、煮崩れしない肉質と甘みが特徴の煮物用だいこんの代表品種。直径8cm程、長さ22〜25cm程の太くてずんぐりとした短円筒形。表皮はすべすべ。
料理名 おでん、煮物に最適。
選び方 持った時にずっしり重みがある。色が白く、硬くて張りがあり、みずみずしい。葉付きの場合は、葉も生き生き、シャキッとしているもの。
保存方法 肉質が柔らかい分、通常のダイコンよりも日持ちが短いので早めに食べきる。また、表面が傷つくと茶色に変色するので、扱いにも気をつける。葉を切り落とし、根の部分と分けて保存。根の部分はラップでくるむか、濡れた新聞紙で包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で。
栄養 食物繊維、根にはビタミンC、食物繊維などを含む。葉にはビタミンC、カルシウム、β-カロテンなどが豊富。
問い合わせ先 石川県農林水産部生産流通課
TEL:076-225-1621

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。