e地産地消

加能ガニ

加能ガニ

名称 加能ガニ
都道府県名 石川県
区分 魚介類
分類 ケセンガニ科ズワイガニ属
学名 Chionoecetes opilio
外国語名 snow crab
生産地 石川県沖
収獲地域情報 石川県沖で漁獲され、輪島、蛸島、富来、橋立、金沢など水揚げされたズワイガニに、港の名前が記された青いタグをつけてブランド証明にしている(2006年〜)。1kgを超えるのに10年程かかり、甲羅の幅12〜15cm、全長70〜80cm程に成長。水深200〜400m、水温1〜2℃の冷たい海の底に生息するため、底曳き網漁法。資源保護のため、水揚げサイズは9cm以上に設定。
別名 ズワイガニ
由来 石川県全体をイメージできるよう加賀の“加”と能登の“能”の組み合わせに。
歴史背景 2006年(平成18年)、石川県内の漁協が一つに統合されたことを機に、県産のズワイガニの名称を募集し、「加能ガニ」と名付け、ブランド化。
時期 漁期は11月6日〜3月20日
特徴 殻が柔らかく、身も蟹ミソもぎっしり詰まり、ふっくらぷりぷりとした歯応え。繊細な甘み。
料理名 刺身、茹でガニ、焼きガニ、蒸しガニ、鍋物など。
調理法 (茹でる場合)水洗いしたあと、1.5%程度の塩水を沸騰させて、甲羅を下向けにして20分程茹でる。
選び方 生の場合、必ず生きているもので元気のあるもの。ずっしりと重みがあり、腹と甲羅の幅が広く厚みがあるもの。茹でてあるものは、活きのよいものを茹でている信頼のおける店選びが大切。
保存方法 活ものは、その日のうちに火を入れる。茹でる、蒸すなどしたものは、冷蔵庫に保存して2日以内に。冷凍保存可。
栄養 ビタミンB1、ビタミンB2、アスタキサンチンが豊富。
問い合わせ先 石川県農林水産部生産流通課
TEL:076-225-1621

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。