e地産地消

三次ピオーネ

三次ピオーネ

名称 三次ピオーネ
都道府県名 広島県
区分 果実類
分類 ブドウ科ブドウ属
学名 Vitis spp.
外国語名 grape
生産地 三次市
収穫地域情報 三次市は広島県北部に位置し、盆地を中心にした地域である。
別名 黒い真珠
歴史背景 ピオーネは1957年に生まれた品種で、三次市では1974年に全国に先駆けて生産団地を造成した。
時期 7月中旬〜10月中旬
特徴 ピオーネはカノンホールマスカットと巨峰をかけ合せて生まれた品種で、甘く大粒な巨峰の特徴と、マスカット系の肉質の良さを持っている。糖度が高く柔らかい最高級のぶどうである。
選び方 色が濃く、ブルームと呼ばれる白い粉を吹いたもの、枝の色が緑色のものがよい。
栄養 アントシアニンやレスベラトロールなどのポリフェノールを含む。ブドウ糖や果糖などの炭水化物、カリウムが多い。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。