e地産地消

勝山水菜

勝山水菜

名称 勝山水菜
都道府県名 福井県
区分 野菜類
分類 アブラナ科アブラナ属
生産地 勝山市北市地区、郡地区
収穫地域情報 白山連峰に囲まれた奥越地方は冬場、深い雪の中で収穫期を迎える。雪の中で安定した温度を保たれた土のため、甘味や栄養分が蓄積される。
歴史背景 勝山市で江戸時代から栽培されている伝統野菜である。
時期 2月下旬〜4月中旬
特徴 勝山水菜は、北市水菜、郡水菜と集落ごとに系統が異なり、葉柄の色や、味に違いがある。とうに近い花芽を持った時に収穫する。葉柄は太いが加熱すると、柔らかく甘くなる。
下処理 熱湯で2〜3分茹でると、茎が柔らかくなる。
料理名 お浸し、炒めもの、クリーム煮、お好み焼き、漬物
栄養 食物繊維、ポリフェノール類を豊富に含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。