e地産地消

若狭カレイ

若狭カレイ

名称 若狭カレイ
都道府県名 福井県
区分 魚介類
分類 カレイ科ヤナギムシガレイ属
学名 Tanakius kitaharai
外国語名 Willowy flounder
生産地 小浜市など
収獲地域情報 秋が深まり、カレイ漁が始まると、魚屋などの軒先に一夜干しにするカレイが吊るされる。その風景が、若狭湾沿岸地域では冬の訪れを告げる風物詩となっている。
栽培情報 一夜干しは淡塩を施して串に刺し、寒風に晒して乾かすため一晩日陰干しにする。
別名 笹ガレイ、甘ガレイ
歴史背景 若狭カレイ漁の歴史は古く、全国各地の名産品を集めた1799年の「日本山海名産図会」に、「淡乾の品多しとはいえども是天下の出類、雲上の珍美ともいうべし」と紹介されている。1985年から皇室に献上している。
時期 11月中旬〜2月
特徴 上品な甘さが特徴。晩秋から初冬の産卵前の若狭カレイは、脂がのっていて特においしい。
料理名 塩焼き、煮付け、フライ、ムニエルなど
加工品 一夜干し
栄養 タンパク質、ナトリウム、カリウム、タウリンを豊富に含むほか、カルシウム、リンなどを含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。