e地産地消

越前エビ

越前エビ

名称 越前エビ
都道府県名 福井県
区分 魚介類
分類 エビジャコ科クロザコエビ属
学名 Argis dentata
生産地 三国町
収獲地域情報 越前エビは、日本海の水深250〜900mの深海にのみ生息する。三国町の三国港は、福井県の底引き網漁の主要漁港の一つで、越前エビの水揚げ港である。
別名 標準和名はトゲザコエビ。ガサエビ、、ガラエビ、ザコエビ、ブルエビ
歴史背景 越前の三国港は江戸時代、北前船の寄港地として栄え、当時からエビ漁も盛んだった。越前エビは鮮度が落ちるのが早く、水揚げ後2日ほどで黒ずむため、最近まで幻のエビだった。
時期 9月〜6月
特徴 甘エビより一回り大きく、殻の色は茶色がかっている。プリプリとした食感で、噛むほどに甘味が出てくる。地元では甘エビと並んで人気がある。
料理名 刺し身、唐揚げ、塩焼き、マリネ、サラダ、炒めもの、パスタなど

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。