e地産地消

福岡レタス

福岡レタス

名称 福岡レタス
都道府県名 福岡県
区分 野菜類
分類 キク科アキノノゲシ属
学名 Lactuca sativa
外国語名 head Lettuce(英)、Laitue(仏)
生産地 小郡市、大刀洗町、久留米市北野町ほか県内全域
時期 4月〜6月、11月〜3月
特徴 福岡レタスは玉レタス、リーフレタス、サラダ菜を中心としたレタスの総称。主張しない味で、さまざまな料理に合わせることができる。
料理名 サラダ、肉包み、チャーハン、スープなど
調理法 切るときは手でちぎる。包丁を使うと旨味を逃がすため。冷水に浸すと歯ざわりが良くなるが、長時間は浸さないこと。
選び方 切り口が白く、10円玉ぐらいの大きさのものがよい。弾力があるもの。持ってみて軽いもののほうが、葉が柔らかい。
保存方法 玉レタスは芯をくり抜き、キッチンペーパーで包んで冷蔵庫で保存する。リーフレタスやサラダ菜は新聞紙で包み、冷蔵庫の野菜室に立てて保存する。
栄養 成分の約95%が水分の淡色野菜。ビタミンKや葉酸,カリウムなどを多く含む。
問い合わせ先 福岡県農林水産物ブランド化推進協議会
http://www.fs-fukuoka.com/catalog/catalog_vegetables/lettuce

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。