e地産地消

博多な花おいしい菜

博多な花おいしい菜

名称 博多な花おいしい菜
都道府県名 福岡県
区分 野菜類
分類 アブラナ科
学名 Brassica spp.
生産地 うきは市、久留米市、行橋市、大木町、大和町、大川市、朝倉町、筑後市
栽培情報 なるべく農薬を使わず栽培している。
歴史背景 博多な花おいしい菜は、菜の花の葉の部分を食用に開発したもので、1986年に試作を開始し、次第に産地が広がった。
時期 10月〜3月
特徴 菜の花の葉の部分で、くせがなく食べやすい。シュウ酸を含まないのでアク抜きの必要がない。
下処理 サラダなどは、軽く茹でてから使う。
料理名 サラダ、炒めもの、天ぷら、クリーム煮、スープなど
選び方 切り口がみずみずしいもの、茎・葉が鮮やかな緑色をしているものがよい。
保存方法 ポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室に立てて保存
栄養 β-カロテン、ビタミンCや葉酸が多い。カルシウムはほうれん草の約3倍含む。
問い合わせ先 JA全農ふくれん
TEL:092-762-4700(代表)

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。