e地産地消

あかもく

あかもく

名称 あかもく
都道府県名 福岡県
区分 藻類
分類 ホンダワラ科ホンダワラ属
学名 Sargassum horneri
生産地 北九州市若松区
別名 漢字で「赤藻屑」と書く。他に「銀葉草(ぎんばそう)」、「神馬草(じんばそう)」の呼び名がある。
歴史背景 あかもくは秋田県や新潟県などでは親しまれてきたが、福岡県では船のスクリューに絡む、と厄介者扱いだった。ところが栄養に富み、食べやすいことが分かって、北九州市若松区岩屋漁港で、食用として加工し本格的に販売を始めたのが2007年。2008年には、“北九州市「食」認定ブランド”に指定された。
時期 最盛期は4月中旬〜5月20日頃
特徴 めかぶのような粘りがある。糸をひいて、モチモチとした食感を楽しめる。
料理名 味噌汁、酢の物、天ぷら、お好み焼き
栄養 ぬめり成分のフコダインのほか、ポリフェノール、カルシウム、マグネシウム、鉄、ビタミンK、食物繊維などを含む。
問い合わせ先 宗像漁協福間支所 お魚市場
TEL:0940-42-1815

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。