e地産地消

豊前海一粒かき

豊前海一粒かき

名称 豊前海一粒かき
都道府県名 福岡県
区分 魚介類
分類 イタボガキ科マガキ属
学名 Crassostrea gigas
外国語名 oyster
生産地 北九州市、苅田町など
収獲地域情報 豊前海は、かきの餌となる植物性プランクトンが豊富で、かきが通常より早く8ヶ月で育つ。
歴史背景 豊前海一粒かきの養殖は、かき養殖の先進地である広島や宮城で学び、昭和50年代半ばに北九州市門司区恒見で始まった。
時期 9月〜3月
特徴 大粒で身にハリがあり、深いコクのある味わいを持つ。
料理名 焼きがき、酢がき、土手鍋、味噌汁、かき飯、かきフライなど
栄養 タンパク質が主成分。ビタミンB1、B2、B12、鉄、銅、亜鉛などを含む。グリコーゲン、タウリン、ベタインなどの機能成分を含む。
問い合わせ先 豊前海区かき養殖研究会(事務局:豊前海区海洋環境保全協議会)
TEL:093-434-1715

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。