e地産地消

埼玉青なす

埼玉青なす

名称 埼玉青なす
都道府県名 埼玉県
区分 野菜類
分類 ナス科ナス属
学名 Solanum Melongena
生産地 ときがわ町
歴史背景 明治時代に埼玉県に導入された青なす。昔は白なすとも呼ばれ、奈良漬用などに栽培されていたが、大量生産はされず、自家用に細々と作られてきた。2006年にときがわ町に直売所を開く際、町の栽培グループが目玉になる商品を、と埼玉県東松山農林振興センターに相談したことが、栽培に取り組むきっかけ。
時期 7月中旬〜10月上旬
特徴 巾着型で皮の色が緑色をしている。果重は200〜300gと大きめ。果肉が締まってしっかりしており、焼いたり煮るとトロリとした食感を楽しめる。
料理名 田楽、煮物、天ぷら、味噌汁、焼きなす、炒めものなど
栄養 成分のほとんどが水分。カリウム、ポリフェノールなどを含む。
問い合わせ先 埼玉農産物ブログサイト SAITAMAわっしょい!
http://saitama-wassyoi.jp/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。