e地産地消

チコリー

チコリー

名称 チコリー
都道府県名 埼玉県
区分 野菜類
分類 キク科キクニガナ属
学名 Cichorium intybus
外国語名 Chicory(英)、endive(仏)
生産地 さいたま市
栽培情報 さいたま市では、暗い場所で葉を成長させる軟化栽培を行っている。
別名 チコリ、アンディーブ、キクニガナ
歴史背景 ヨーロッパの地中海沿岸から中央アジアが原産で、19世紀にベルギーで現在のような軟白栽培が行われるようになったチコリー。日本に伝わったのは江戸時代末期と言われるが、独特の風味が好まれず栽培は広がらなかった。近年、フランス料理やイタリア料理の普及などを通じて広まり、さいたま市では1984年に尾間木地区の農家が、「浦和軟化蔬菜出荷組合チコリー部会」を組織し、県のさいたま農林振興センターと栽培に取り組み始めたのが広まるきっかけ。
時期 1月〜4月
特徴 外見は白菜の芯の部分と似ている。サラダなどで生食することが多く、ほろ苦い風味、爽やかな香気を楽しめる。
料理名 チコリーと生ハムのサラダ、チコリーのカップサラダ、チコリーとキュウリとにんじんのバーニャカウダ、グラタン、スープ、炒めもの、茹でチコリーのゴルゴンゾーラソース和えなど
選び方 張りとツヤがあり、ふっくらしているもの、巻きがしっかりしているものを選ぶ。葉に傷があるものは避ける。
保存方法 ラップに包んで冷蔵庫に入れ、なるべく早く食べきる。
栄養 食物繊維やカリウムが多い。
問い合わせ先 埼玉農産物ブログサイト SAITAMAわっしょい!
http://saitama-wassyoi.jp/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。