e地産地消

松館しぼり大根

松館しぼり大根

名称 松館しぼり大根
都道府県名 秋田県
区分 野菜類
分類 アブラナ科ダイコン属
学名 Raphanus sativus
生産地 鹿角市八幡平松館地区
収穫地域情報 米代川の西岸の高台に位置する。松館しぼり大根は、松館地区の「野月」と呼ばれる台地の土壌でしか、独特の味が出せないと言われている。
歴史背景 100年以上前から、松館地区で栽培されてきたと言われている。昔は葉っぱを漬物にしていたが、あるとき根の部分に独特の辛味があることがわかり、辛味大根として使われるようになった。
時期 10月下旬〜11月中旬
特徴 独特の風味と、日本一辛いと言われる絞り汁の辛さが特徴。
料理名 蕎麦、湯豆腐、鍋物などの薬味として使う。イカ、ホタテ、牡蠣などの刺し身の醤油に混ぜる。
調理法 皮をむかずにそのままおろし金でおろし、布で絞りとる。
栄養 葉にはβ−カロテンやカリウム,カルシウムが豊富。根は食物繊維やカリウムが多い。辛味成分は抗菌作用があると言われるアリルイソチオシアネートで、すりおろすことで作り出される。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。