e地産地消

からとり芋

からとり芋

名称 からとり芋
都道府県名 秋田県
区分 いも及びでん粉類
分類 サトイモ科サトイモ属
学名 Colocasia esculenta
生産地 由利本荘市、にかほ市
収穫地域情報 秋田県南西部に位置する由利本荘市は、からとり芋の主産地。県内では比較的温暖で、芋の保存がしやすい。
由来 葉柄も食べられることから「柄(から)取り」芋と呼ばれるようになった。
歴史背景 由利本荘市では、古くからからとり芋が食べられてきた。
時期 9月〜10月
特徴 葉柄と親芋を食べる。葉柄には赤系と青系がある。いがらさがなく、皮がむきやすい。芋は柔らかく、ぬめりと甘さがある。
料理名 芋は煮物、味噌汁など。葉柄は茹でて酢の物、胡麻和え、納豆汁、味噌汁などに。
栄養 炭水化物は他のイモ類よりも少なめである。カリウムや食物繊維が多い。また、ビタミンC、葉酸などを少量含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。