e地産地消

亀の助ねぎ

亀の助ねぎ

名称 亀の助ねぎ
都道府県名 秋田県
区分 野菜類
分類 ユリ科ネギ属
学名 Allium fistulosum
生産地 大仙市四ツ谷
歴史背景 昭和初期、大仙市四ツ谷の篤農家、石橋氏が育成したもので、5代にわたって種を受け継いでいる。
時期 4月〜5月
特徴 下仁田ネギを少し長くしたような太ネギで、甘く柔らかい。
料理名 鍋物、味噌汁、ねぎ焼きなど
調理法 火を通し過ぎないことが、甘さと柔らかさを引き立てるコツ。
栄養 食物繊維や葉酸が多い。においの成分はアリシンでビタミンB1の吸収を高める効果を持つ。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。