e地産地消

関口なす

関口なす

名称 関口なす
都道府県名 秋田県
区分 野菜類
分類 ナス科ナス属
学名 Solanum melongena
生産地 湯沢市関口地区
収穫地域情報 関口なすは、湯沢市南部の三関地区の関口で栽培されている。三関地区は雄物川流域に広がる扇状地で、水はけがよく伏流水に恵まれる。関口なすなどの伝統野菜が多く栽培されている。
歴史背景 関口なすは、江戸時代の文献にも記録が残る伝統野菜で、古くから三関地区で栽培されてきた。
時期 7月〜9月
特徴 たくさん実をつける丸なす。和服の襟のような、真っ白なヘタの部分が美しい。皮にハリがあり、身が締まっている。わずかな苦味がある。
料理名 漬物、天ぷら、味噌汁、炒めもの、煮びたし、カレーなど
栄養 食物繊維やポリフェノールを含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。