e地産地消

カナカブ

カナカブ

名称 カナカブ
都道府県名 秋田県
区分 野菜類
分類 アブラナ科アブラナ属
生産地 由利本荘市、にかほ市
収穫地域情報 鳥海山の麓のにかほ市では、焼畑農業で栽培される。
別名 カノカブ、ヒノナカブ、火野カブ
由来 野焼きして栽培してきたことから「火野カブ」と呼ばれるようになった。
歴史背景 焼畑農業で作られてきたカナカブは、「たとえ嫁でも作り方を教えない」と言い慣らされ、少なくとも江戸時代から守られてきた幻の「カナカブ漬け」の材料である。
時期 10月〜12月
特徴 細長い形をしていて、独特の辛味と甘み、さくさくした歯ごたえがある。
料理名 浅漬け、サラダなど
加工品 カナカブ漬け
栄養 葉にはβ−カロテン、ビタミンCやカルシウム、食物繊維が多い。根にはカリウム、ビタミンC、食物繊維などを含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。