e地産地消

大館地大根

大館地大根

名称 大館地大根
都道府県名 秋田県
区分 野菜類
分類 アブラナ科ダイコン属
学名 Raphanus sativus
生産地 大館市、北秋田市
収穫地域情報 晩秋になると、大館市では、大館地大根を軒先に吊るす様子が、地元の風物詩となっている。たくあんや米ぬかを使った「こぬか漬け」や醤油漬け、干したスルメなどを使った南蛮漬け、数の子を入れた松前漬け風など、家によってさまざまな漬け方を工夫している。
別名 かたでご
歴史背景 大館市では古くから、大館地大根を栽培してきた。
時期 10月〜11月
特徴 長さ20cm程度で赤首、白首など系統によってさまざまな色がある。普通の大根より硬く、保存性が高い。辛味大根にも使える。
料理名 漬物、サラダ、薬味として蕎麦や鍋物に。
栄養 葉にはβ−カロテン、カリウム、カルシウム、食物繊維が多い。根にはカリウム、ビタミンC、食物繊維などを含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。