e地産地消

ひゃっか

ひゃっか

名称 ひゃっか
都道府県名 香川県
区分 野菜類
分類 アブラナ科アブラナ属
学名 Brassica juncea var. integrifolia
生産地 県内全域
収穫地域情報 香川県東部では、油揚げや豆腐と煮た「まんばのけんちゃん」、西部では豆腐を雪の舞に見立てた「ひゃっかの雪花」という郷土料理があり、古くからひゃっかが食べられてきた。
別名 高菜。県東部では「まんば」と呼ぶ。
由来 まんばは「万葉」の字を当て、ひゃっかは「百貫」がなまったものと言われる。どちらもたくさん葉をつけるという意味がある。
時期 11月〜4月
特徴 青菜の少ない冬場に深緑から暗紫色の大きな葉を伸ばし、外側から葉を取っても次々と旺盛に芽吹く。冬の冷気や霜に当たるうちに、葉が紫色になって甘味を増す。独特のアクがある。
下処理 ひゃっかを水で洗い、沸騰したたっぷりの湯に塩ひとつまみを入れ、しんなりする程度に茹でる。冷水にさらし、途中で水を替えながら一晩かけてアクを抜く。
料理名 ひゃっかの雪花(まんぼのけんちゃん)、炒めもの、味噌汁など
栄養 β−カロテン、ビタミンC、鉄、食物繊維などが豊富。
問い合わせ先 香川県交流推進部県産品振興課 総務・振興グループ
TEL:087(832)3383

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。