e地産地消

会津あかね

会津あかね

名称 会津あかね
都道府県名 福島県
区分 果実類
分類 バラ科リンゴ属
学名 Malus pumila
外国語名 apple
生産地 会津地方
収穫地域情報 会津地方では、青森県などより早く出荷できることから、りんごの栽培が盛んに行われている。
由来 熟した果実が、夕焼け空の茜色をイメージさせること、会津の地に根ざし、愛されるようにとの願いを込めて名づけられた。
歴史背景 1986年に「ふじ」と「紅玉」を交配し、2013年12月に品種登録された。
時期 10月上旬〜中旬
特徴 果重は300〜400gと大きく、果皮は濃赤色から暗赤色。果肉は緻密でやや柔らかく、甘みがあり、独特の芳香がある。
栄養 胃腸の働きを良くするクエン酸やリンゴ酸など有機酸を多く含む。カリウムが豊富。皮には整腸作用を促すペクチンや、活性酸素を抑える働きがあるポリフェノールが豊富。
問い合わせ先 福島県農林水産部農林企画課
TEL:024-521-8027

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。