e地産地消

山形青菜

山形青菜

名称 山形青菜
都道府県名 山形県
区分 野菜類
分類 アブラナ科アブラナ属
学名 Brassica juncea var. integlifolia
生産地 県内全域
歴史背景 1908年に奈良県から種子を導入し、農事試験場(現農業総合研究センター)で試作したところ、品質が優れていたことから導入された。現在では、漬菜として山形に欠かせない野菜になっている。
時期 10月中旬〜12月上旬
特徴 一株が500g、丈が70〜80cmと大きい。緑が濃く幅広の葉肉は厚くて軟らかいが、パリパリしている。そのため、漬け込んでも軟化しにくく歯ざわりが良いのが特徴。独特の辛味がある。
料理名 おみ漬、青菜漬、醤油漬けの初菊、炒めものなど
加工品 おみ漬け、青菜一本漬け、初菊
栄養 β−カロテン、葉酸、ビタミンC、B1、B2、カルシウムなどが多い。辛味成分はマスタードと同じアリルイソチオシアネート。
問い合わせ先 おいしい山形推進機構
http://www.yamagata.nmai.org

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。