e地産地消

漆野いんげん

漆野いんげん

名称 漆野いんげん
都道府県名 山形県
区分 野菜類
分類 マメ科インゲンマメ属
学名 Phaseolus vulgaris
生産地 金山町漆野地区
歴史背景 1939年、炭の検査員が金山町漆野地区の荒木家に寄贈したもので、代々荒木家が受け継いできた。現在は3軒の生産者が栽培している。
伝来 1939年
時期 8月中旬〜9月下旬
特徴 つるなしで、若さやで食べても柔らかくておいしいが、さやごと乾燥させたものを戻すとさやが透きとおり、中の豆が見える。豆自体は赤茶色で、味は金時豆に近い。
料理名 未熟なものは炒めものなど。完熟したものは煮豆、昆布巻きなど
加工品 モンブラン、甘煮
問い合わせ先 おいしい山形推進機構
http://www.yamagata.nmai.org

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。