e地産地消

最上赤

最上赤

名称 最上赤
都道府県名 山形県
区分 野菜類
分類 ユリ科ネギ属
学名 Allium sativum
外国語名 Garlic(英)、ail(仏)
生産地 最上町、真室川町、戸沢村
収穫地域情報 最上赤が栽培されている最上地方は、鳥海山、月山、神室連峰などの山々に囲まれた中山間地域。清涼な水と豊かな土壌に恵まれている。
由来 外皮が赤紫色であることから。
歴史背景 最上地方で古くから栽培されてきたにんにく。
時期 6月下旬〜7月上旬
特徴 外皮が赤紫色で、普通のにんにくより粒が大きい。貯蔵性に優れていて、芽が出にくい。焼くとホクホクとした食感で甘味が強い。
料理名 炒めもの、にんにくみそ、ペペロンチーノなど
保存方法 風通しがよい冷暗所で保存する。
栄養 ビタミンB1が豊富。リン、カリウムも比較的多く含む。臭いの元の硫化アリルには強力な殺菌作用がある。
問い合わせ先 おいしい山形推進機構
http://www.yamagata.nmai.org

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。