e地産地消

甚五右ヱ門芋

甚五右ヱ門芋

名称 甚五右ヱ門芋
都道府県名 山形県
区分 いも及びでん粉類
分類 サトイモ科サトイモ属
学名 Colocasia esculenta
外国語名 taro
生産地 真室川町小川内地区
収穫地域情報 小川内地区は、独特の粘土質を持った畑と寒暖の差が激しい気候条件のもと、独特の粘りとキメの細かさが特徴の甚五右ヱ門芋が育つ。
由来 栽培農家の佐藤家の屋号から名がついた。
歴史背景 室町時代から400年以上続く農家、佐藤家が一子相伝で代々受け継いできたサトイモ。
時期 10月〜霜が降りる前
特徴 普通のサトイモよりぬめりが多く、粘りが強いがキメが細かくおいしい。親イモも食べられる。
料理名 芋煮、煮転がし、天ぷら、コロッケ、グラタンなど
保存方法 風通しがよい冷暗所で保存する。
栄養 炭水化物、カリウム、リンなどのミネラルなどを含む。
問い合わせ先 おいしい山形推進機構
http://www.yamagata.nmai.org

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。