e地産地消

肘折かぶ

肘折かぶ

名称 肘折かぶ
都道府県名 山形県
区分 野菜類
分類 アブラナ科アブラナ属
生産地 大蔵村滝ノ沢地区
由来 近くの肘折温泉へ出荷されることから、肘折かぶの名がついた。
歴史背景 古くから滝ノ沢地区で、焼き畑農業で栽培されてきたかぶ。近年の伝統野菜ブームで、漬物などの人気が高まって生産量が増えている。
時期 11月中旬
特徴 根の部分は細く、全体的に赤く、特に地上部の色が濃いが先端は白っぽい。肉質はよく締まっていて固く長期保存に向く。
料理名 甘酢漬け、サラダなど
加工品 漬物
栄養 カリウム、ビタミンC、食物繊維などを含む。
問い合わせ先 おいしい山形推進機構
http://www.yamagata.nmai.org

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。