e地産地消

神代豆

神代豆

名称 神代豆
都道府県名 山形県
区分 野菜類
分類 マメ科ダイズ属
学名 Glycine max
生産地 鮭川村楢山地区
歴史背景 最上郡鮭川村の楢山地区でだけ栽培されていた「アオバコ豆」の原種をもとに、山形大学農学部と連携して品種改良を行い、2005年に「楢山神代豆」として商標登録された枝豆。
時期 9月下旬〜10月中旬
特徴 普通の枝豆より、サヤも豆の粒も大きい。独特の甘味と風味がある。
料理名 ゆで豆、かき揚げ、枝豆ご飯、枝豆コロッケなど
栄養 タンパク質、ビタミンB1、B2、カルシウム、食物繊維、鉄などが豊富。大豆にないカロテン、ビタミンCも多い。枝豆のタンパク質に含まれるメチオニンは、アルコールの分解を助け、肝臓の負担を軽くするといわれる。
問い合わせ先 おいしい山形推進機構
http://www.yamagata.nmai.org

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。