e地産地消

あさつき

あさつき

名称 あさつき
都道府県名 山形県
区分 野菜類
分類 ユリ科ネギ属
学名 Allium schoenoprasum
外国語名 Asatuki,Japanese Chives
生産地 酒田市袖浦地区
収穫地域情報 あさつきの産地である酒田市袖浦地区は、庄内砂丘に位置する。
栽培情報 6月に球根を掘り起こし、陰干ししたものを8月頃に植え直す。秋に球根が分球し、冬には葉が枯れるが、新芽が少しずつ成長する。この株をていねいに掘り起こし、根を下にして平箱に並べ、ビニールハウスで18度程度に保ちながら1週間〜10日置き、新芽が15〜20cmに育ったら根や皮、古い葉などを取り除き、きれいに洗ってから出荷する。
由来 ネギより浅い緑色をしていることから。
歴史背景 庄内地方では、江戸時代から雪が吹きすさぶ厳冬期に、アサツキの地下部分を掘り起こし、貴重なビタミン源として黄色い新芽を摘んで食べてきた。近年は、東京へも出荷している。
時期 12月下旬〜4月中旬
特徴 新芽の部分の白と青のコントラストが美しい。シャキシャキとした食感と強い辛味を楽しむ。
料理名 お浸し、酢味噌和え、卵とじ、薬味として
選び方 葉先までピンとしていて緑色が濃いものがよい。
保存方法 濡れた新聞紙などでくるみ、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室に立てて保存する。
栄養 香り成分である硫化アリル、ビタミンB1、B2、B6、パテントン酸が豊富。
問い合わせ先 おいしい山形推進機構
http://www.yamagata.nmai.org

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。