e地産地消

ひらたけ

ひらたけ

名称 ひらたけ
都道府県名 山形県
区分 きのこ類
分類 ヒラタケ科ヒラタケ属
学名 Pleurotus ostreatus
外国語名 oyster mushroom
生産地 鮭川村、大蔵村、鶴岡市、新庄市、三川町、米沢市、尾花沢市、遊佐町など
栽培情報 菌床栽培は、おがくずを栄養分と混ぜてビンに詰め、種菌を植えて20度に保った部屋で培養する。植菌、培養、芽出し、発生と段階ごとに専用室を設けて温度管理などを徹底させている。
別名 カンタケ
歴史背景 日本でひらたけは、しいたけよりも古くから食用にされ、「今昔物語」や「平家物語」にも登場する。山形県では、1980年頃から栽培が盛んになった。現在では全国7位の生産量を誇る。
時期 通年
特徴 色が濃くハリがある。味は淡白で香りも穏やかで食べやすい。
料理名 パスタ、炒めもの、味噌汁、鍋物
栄養 カリウム、リンが豊富。
問い合わせ先 おいしい山形推進機構
http://www.yamagata.nmai.org

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。