e地産地消

口細カレイ

口細カレイ

名称 口細カレイ
都道府県名 山形県
区分 魚介類
分類 カレイ科ツノガレイ属
学名 Pleuronectes herzensteini
外国語名 Brown sole
生産地 庄内浜
収獲地域情報 山形県の庄内浜は、おいしい魚が豊富に穫れることで知られる。口細カレイなどカレイの種類も多い。
別名 正式名称はマガレイ。
由来 口元が細いことから、庄内地方では口細カレイと呼ぶ。
時期 3月〜6月、9月〜10月
特徴 白い無眼側の尾の縁辺が黄色くなっている。太平洋側で穫れるものより小ぶりだが、香りがよく旨味が強い。
料理名 塩焼き、煮付け、味噌汁、刺し身、唐揚げ、ムニエルなど
選び方 体長15cm程度の大きすぎないものが、身が締まっていておいしい。肉厚のものを選ぶ。
栄養 カリウム、マグネシウム、鉄、リン、カルシウム、ビタミンB12、レチノールなどを含む。
問い合わせ先 おいしい山形推進機構
http://www.yamagata.nmai.org

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。