e地産地消

辻田白菜

辻田白菜

名称 辻田白菜
都道府県名 長崎県
区分 野菜類
分類 アブラナ科アブラナ属
生産地 長崎市木場町
歴史背景 長崎県では1904年頃から中国から持ち込んだ白菜が栽培されていた。その中で、やや早生で品質が優れ、結球率の高い系統のものを辻田長次郎氏が中華料理店「四海楼」の主人の協力のもと選抜し、1919年に育成したものが辻田白菜である。戦前戦後に全国的に一世を風靡するが、病気に強く生産性が高い改良品種に押されて衰退する。現在木場町で復活に向けた取り組みが行われている。
伝来 1904年
時期 11月〜12月
特徴 結球白菜。葉肉が厚いのが特徴。
料理名 炒めもの、蒸し物、煮物、漬物
栄養 食物繊維、カリウムが多い。
問い合わせ先 長崎市ながさきの食推進室
http://www.city.nagasaki.lg.jp/kosodate/530000/532000/p008974.html

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。