e地産地消

長崎たかな

長崎たかな

名称 長崎たかな
都道府県名 長崎県
区分 野菜類
分類 アブラナ科アブラナ属
学名 Brassica juncea var. integrifolia
生産地 長崎市
歴史背景 古くは広川カイの「長崎聞見録」(1797)に、「タカナは長崎に多く、他所の地では逢わない。長く漬けたものがよい」という記述がある。戦前戦後には独特の香りとうまさで人気が高かったが、戦後は漬け上がりが褐変することから野沢菜の人気におされた。
時期 11月〜3月
特徴 葉がちりめん状に縮んで丸く細長く、紫色を帯びる。茎は丸く細い。草丈は60〜70cm程度まで伸び、1株1kgを超える。一般的なたかなよりアントシアニンが弱く、香味が高くからしなのような風味がある。
料理名 浅漬、漬物、炒めもの、煮びたし、ラーメン
選び方 漬物に使う場合は、株が十分に成長し、葉に厚みがあり、艶のあるものを選ぶ。その他の料理に使う場合は、柔らかく、活き活きとしているものがよい。
保存方法 湿らせた新聞紙で包み、ポリ袋かラップに入れて冷蔵庫で保存する。
栄養 β−カロテン、葉酸、ビタミンC、カルシウムなどが多い。
問い合わせ先 長崎市ながさきの食推進室
http://www.city.nagasaki.lg.jp/kosodate/530000/532000/p008974.html

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。